歯医者では歯に関する様々な治療を受けることができる

歯医者では、歯に関するさまざまな治療を受けることができます。自分の歯を80歳以上になっても保てるようにすることが健康・長寿の秘訣です。また口腔衛生を怠ることで生活習慣病のリスクが高まると考えられています。子供のころから歯医者に慣れておくことが大切です。

毎日使う歯だからこそ定期的に診てもらおう

永久歯に変わると、失った歯は二度と元に戻りません。肉や魚等の食べ物のうまみを感じられるのは歯があってこそです。毎日使う歯だから、定期的に見てもらい、清掃や歯周病治療などを受けることをおすすめします。高齢者になってからも歯が残っていれば、健康が保たれます。

歯医者さんで作成できる義歯の種類

医療器具

昔の大きな主流であった金属床義歯

主要部分が金属で作られている入れ歯です。口を開けると金属が見えてしまうというデメリットがありますが、金属の強度の高さを利用して、薄く作ることができ、装着時のフィット感を高められるメリットがあります。熱伝導によって食べ物の温度も感じやすいのが特徴です。費用が高額になるのがデメリットです。

比較的安価で作れるノンクラスプ義歯

プラスチック製の義歯床を使用した入れ歯です。健康な歯を削ることはありませんし、歯茎の色に合わせた土台を作りますので、入れ歯をより自然に見せることができます。プラスチック製ですので、定期的な新調が必要になりますが衛生的に保つことができます。比較的安価ですが、壊れやすい難点があります。

この数年の入れ歯の主流はレジン床義歯

レジンと呼ばれる樹脂で作られた入れ歯です。先に挙げたノンクラスプより安価に作ることができ、昨今の主流とされています。総入れ歯などに使われることが多く、使い心地も良い特徴があります。装着がしやすい半面、汚れや傷が付きやすいのが難点ですので、定期的なメンテナンスが求められます。

入れ歯に抵抗がある方にはインプラント

1〜2本だけ自分の歯を欠損してしまったという場合は、自分のあごの骨にソケットを作り、歯を埋めるインプラントという人工歯造成も一案です。手術などの期間が求められますし、費用も大きくかかりますが、自分の歯のように扱うことができ、見た目も更に自然になります。ただし、健康な方にしかこの手術は勧められません。

[PR]
四日市で好評な歯医者さん
最新設備を使った治療を提供中

歯が無いと不便だらけ!だから歯医者で新しい歯を作ろう

歯型

アレルギーを心配している人でも使える義歯がある

一般歯科では、健康保険が適用される入れ歯の作成が可能です。保険が適用される入れ歯の多くが金属を使用しているため、アレルギーを持っている方には適さないデメリットがあります。この数年間では、より自然に口の中を見せてくれる他、アレルギーの方でも安心して使うことができる、プラスチック製や樹脂製の義歯が存在しています。噛み心地などは若干劣るデメリットがありますが、費用も安価に抑えられますので安心です。

[PR]
大津で予防歯科を受けよう
歯の健康をしっかり守ろう☆

[PR]
志免町の歯医者で虫歯を改善
痛みの少ない治療を実施してくれる